こんにちは。

高橋です。

2018年4月24日の相場分析を開始します。

1.ドル円の相場分析

 

→108円代までついに回復しました。

これは恐らくですが、
ファンダメンタルズとしての、
トランプさんの外交政策のおかげだと思います。

基本的に法定通貨が高くなるというのは、
それだけ信頼感が増していることを指します。

ドル安円高なら円の方が価値がある、
ドル高円安ならドルの方が
価値があるということです。

さて、
今後のドル円相場ですが、
今後は2つのシナリオが考えられます。

それは、
下がるか滞留するかです。

もちろん上がる可能性もありますが、
RSIが高くなり過ぎていますので、
RSIを50%に戻す作用が働きます。

人間でいう恒常性の維持と同じです。

相場も多数の人の意思の塊ですので、
人間と同じ様な性質を持ちます。

それが働いて50%に戻すには、
滞留するか下がるしか無いから、
私はこの2つのパターンを想定してます。

 

2.日経平均の相場分析

 

→日経平均は、
レンジ相場で比較的上側方向に位置し、
RSIも高めなので下がる可能性が高いです。

ファンダメンタルズで強い買いが発生しない限り、
まだレンジ相場から抜け出すことは無いでしょう。

 

3.ビットコイン先物の相場分析

 

→ビットコインは、
9184の抵抗を滞留しながら抜けて、
今はリターンムーブを起こしそうなので、
今後は上がる可能性が高いです。

ただ、
RSIは高めを示しているので、
もう少し下がってRSIを調節してから上がるでしょう。